採卵前周期 プレマリンかデュファストンの副作用で不正出血?

スポンサーリンク

4月18日から2週間の予定で飲み始めたプレマリンとデュファストン。

前回の日記に書いたとおり、5月1日で服用終了予定だったのが、ゴールデンウィークの関係で6日まで延長となったので現在も服用継続中です。

しかし、ここ数日気になっているのが、1日に何度か不正出血があること…。自分で調べた結果、副作用だとは思いますが記録を残しておきます。

不正出血が1日1回くらいある

服用開始したのは生理期間中のD2からですが、いつもと同じく5日目くらいで生理は終了。

しかし、D11である4月27日の夜におりものシートに「あれ?」という感覚が。トイレに行くと、生理になる前に出る茶オリのような量ですが、出血していました。

この初日の4月27日は病院の日で内診があったので、特にいつもと違う痛みはなかったのですが「膣内が傷ついたのかな?」と思っていました。

しかし、それからD17の現在まで出血(茶オリ)は続いています。出てくる感覚はなくても、オリモノシートには汚れてしまっていることがほとんどです。

もしかしてこれは副作用によるものでないかと調べてみました。

今回服用している薬については、「採卵前周期D2 プレマリンとデュファストンの同時服用開始」に書いています。

スポンサーリンク

プレマリンの副作用の不正出血の可能性?

調べたところ、デュファストンの副作用の項目に不正出血はありませんでした。デュファストンで発現することがあるといわれている副作用は、このようなものです。

悪心、食欲不振、嘔吐、蕁麻疹、肝機能異常、体重増加、頭痛、眠気、浮動性めまい、浮腫、倦怠感

出典:KEGG MEDICUSのデュファストンの医薬品情報ページより一部抜粋

次に、プレマリンの副作用を再度調べてみました。すると、副作用の項目に不正出血があることを発見しました。

その他の副作用(頻度不明)

生殖器・・・帯下増加、不正出血、経血量の変化

出典:KEGG MEDICUSのプレマリンの医薬品情報ページより一部抜粋

今までプレマリンの副作用として悩まされているのは片頭痛だけでしたが、今回の不正出血も同じく副作用である可能性が高いことがわかりました。

前回の内診で卵巣には異常がなかったと言われているのも、薬の副作用ではないかと思った理由のひとつです。

関連した日記はこちら★
⇒「カウフマン療法で服用するプレマリンの副作用で片頭痛が…」

今後のこと

副作用の項目に不正出血があるとわかり、少し安心しました。

病院に問い合わせようかと思いましたが、出血量が少量で1日1回程度であることと、採卵周期や移植周期でないお休み周期であることから、次回の診察で相談することにしました。

ちなみに過去3回、プレマリンを服用したカウフマン療法では不正出血はありませんでした。

デュファストンと同時服用だったことで起きたのか、引越しなどの疲れやストレスでホルモンバランスが崩れたことで起きたのかはわかりませんが、次周期の採卵に向けて何も問題ないと良いなと思っています。

前回の日記はこちらです★
「採卵周期が始まると思ったら延期に・・・」

ブログ更新や、不妊治療への励みになります!
応援クリックいただけたら嬉しいです(*^_^*)
 
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 恭子 より:

    はなさん❤私は、独身で10月の誕生日が来て2年後には閉経すると思います❤生理が来ていないのにプレマリン&デュファストンを飲んでも良いのか気になりますよホルモン補充するなんて初めてなので・・・仕事しながら閉経近くまで低用量ピルを連続3シート飲んでみようと思います❤

    • hana より:

      恭子さん、ブログをお読みくださりありがとうございます。

      医師ではないので詳しくはありませんが、プレマリンもデュファストンも、不妊治療だけでなく女性のホルモンバランスを整えるためにも処方されるようですね。
      バランスを整えるとはいえ、薬には変わりないので、不安なこともありますよね。

      低容量ピルでも、まれに副作用や体調の変化があらわれるかたもいるようですし、恭子さんの身体の負担にならずに続けていけることを願っています。