妊活をする前に知っておきたい妊娠の奇跡

スポンサーリンク

「結婚式も新婚旅行も終わったし・・・」「夫婦ふたりの時間を楽しんだし・・・」など、妊娠を考え始めるタイミングはそれぞれだと思います。

我が家も、結婚して1年間は子どものことは考えず、二人で色々なところに出かけようと話し合っていました。まさか不妊治療することになるとは思っていませんでしたが…。

少しでも近道するためにも、妊娠についての知識をつけることは大切です。自宅でのセルフタイミング法をやってみましょう。

スポンサーリンク

妊娠とは奇跡の連続

妊娠というのは、信じられないくらいの奇跡の連続で成立しています。

1.排卵された卵子が卵管に入る
☆卵子の寿命は24時間程度

2.セックスにより精子が体内に入る
☆女性体内での精子の寿命は72時間程度

3.精子が卵管へ進む
☆まだ排卵が起きてない場合は、精子は卵管の中で排卵を待つ

4.受精
☆精子が卵子を取り囲み、そのうち1個の精子が卵子の透明滞を突き破って内部へ。受精が成立した瞬間から、他の精子は入れなくなる。

5.受精卵は細胞分裂を繰り返しながら子宮へ移動
☆2個、4個、8個と細胞分裂をくり返しながら、卵管を通って子宮へ

6.着床=妊娠の開始
子宮内に入った受精卵は子宮内膜に潜り込み(着床)、根を張る

この1~6までを無事に終えると妊娠できるわけですが・・・
★1 排卵しなかったら
★2 膣内に射精できなかったら、女性が精子に抗体を持っていたら
★3 排卵されてから24時間以内に精子がたどりついてなかったら、精子が待ってる間に排卵されなかったら
★4 精子が卵子の膜をやぶれない弱い精子ばかりだったら
★5 細胞分裂しなかったら、卵管が詰まっていたら
★6 子宮内膜じゃないところ(卵管など)に着床してしまったら

と妊娠までの間にはいくつものハードルがあり、タイミングや環境が整っていないと妊娠は難しくなります。

この中には、病院での治療が必要なもの(★1や★5)もありますが、自宅でも対策できるもの(★3)もあるんです。

これをするかしないかでは、赤ちゃんを授かるまでの時間も違いますし、もし病院で検査を受けて治療することになった時にも、「自己流タイミングをとっていた」ということは確実に妊娠への近道となります。

自宅でできるタイミング法って?

具体的にあげると、以下の3つになります。
1.基礎体温を測る
2.排卵検査薬を使う
3.オリモノの変化を確認する

具体的な方法については、次からの記事で詳しくご説明します。

⇒「セルフタイミング法①~基礎体温を測ってみよう」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする