不妊症の女性側の原因とは?考えられる様々な要因

スポンサーリンク

不妊へと繋がってしまう、女性側の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

生理が不定期にやってくる生理不順の方や、無月経が続くといった気づきやすいトラブルもあれば、普段の生活では特に支障のない不妊要因もあります。

女性の身体はとても繊細なので、様々な要因が考えられます。また、ひとつだけでなく複数の原因がある人もいます。

スポンサーリンク

女性側の不妊症の原因って何があるの?

女性の不妊症には様々な因子(原因)がありますが、なかでも排卵因子(排卵障害)卵管因子(閉塞、狭窄、癒着)男性因子(男性に原因がある場合)を加えた3つは頻度が多く、不妊症の3大原因といわれています。

男性因子については、「不妊症の約半数が男性不妊という事実!その原因は?」に詳しく書いてありますので、ほか2つを説明していきます。

排卵因子

月経周期が25日~38日型で、基礎体温が低温相・高温相の二相性(にそうせい)の場合は心配ありませんが、あてはまらない月経不順の方は、排卵障害の可能性があります。

今まで順調だったという方でも、精神的なストレスや大幅なダイエットなどにより排卵障害が起きることもあります。

卵管因子

性器クラジミア感染症は、卵管の閉塞(へいそく)や、卵管周囲の癒着(ゆちゃく)につながり不妊症の因子となります。

このような感染症に感染しても女性は無症状のことが多いため感染に気付きにくく、検査をしないとわからないこともあります。

子宮内膜症の方の中には、卵管の周囲の癒着が見つかることもあります。

子宮因子

子宮筋腫、中でも粘膜下筋腫(ねんまくかきんしゅ)は、受精卵の子宮内膜への着床障害につながります。また、子宮筋腫により精子の卵子への到達を妨げることもあります。

子宮内膜にできたポリープが着床の妨げになることもあります。

頸管(けいかん)因子

子宮頚部の炎症などにより、頸管からでる粘液の量が少なくなった場合、精子が子宮内へ到達しにくくなることがあります。

免疫因子

女性が抗精子抗体(精子を障害する抗体)を持っていて、精子の活動を妨げるケースがあります。血液検査で調べることができます。

原因不明不妊

検査をしても原因が何も見つからないケースもあり、不妊症全体の1/4を占めるといわれています。

何らかの障害で精子と卵子が体内で受精していない場合は、人工授精や体外受精の対象となります。精子、卵子そのものの妊孕性(にんようせい・赤ちゃんをつくる力)が低下していることも考えられます。

女性不妊まとめ

*女性不妊症の3大原因は、排卵因子卵管因子男性因子

⇒「妊活をする前に知っておきたい妊娠の奇跡」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする