ダイアモンドユカイさんが語る男性の不妊治療【記事紹介】

スポンサーリンク

今朝(2017.1.3)のライブドアニュース内の、土屋礼央さんがWeb連載している「土屋礼央のじっくり聞くと」で、ダイアモンド☆ユカイさんが男性不妊について語っています。

ダイアモンド☆ユカイさんは不妊治療経験者

ダイアモンド☆ユカイさんは、日本のロックミュージシャンです。自身が「閉塞性無精子症」と診断され、手術及び体外受精の末に、お子さんを授かりました。

2011年に発行した著書「タネナシ。」で、無精子症で治療を受けていたことを発表し、不妊治療についても綴られています。

記事を読んで思ったこと

手術を嫌がる夫に読んでほしい部分

夫は精索静脈瘤などにより乏精子症と診断されています。原因が複数あるため、手術を受けても数値が改善する可能性は半々だと言われました。私は少しの可能性にかけて手術を受けてほしいのですが、夫は今のところ手術を拒否しています。

今のところ担当医師も、強く勧めてはこないので手術予定はありませんが、今ある凍結卵(初期胚・2個)がなくなってしまったら転院を考えているので、もしかしたら事態は変わるかもしれません。

ユカイ:まず、男性不妊の手術をしなくちゃいけない。手術の方法も2通りあって、精管を元に戻すのと、精巣を切ってその中から精子を取り出す方法。精巣を切ったほうが簡単なんだけど、その手術というのが男子にとってはちょっと恐怖だよね。俺は恐怖感の塊だった。

恐怖感のない人なんていないですよね。こういう男性には、麻酔もせずに出産する母親たちや、月に何度も恥ずかしい体勢で内診台に上り、採卵のために注射を何回も打ち、痛みに耐えている女性がたくさんいるということを思い出してほしいですね。

スポンサーリンク

移植後の女性の気持ちを代弁

この部分読んで、涙が出てきました。

ユカイ:顕微授精で受精卵を作って子宮に戻すじゃない? そうすると不思議なもんでさ、もうお腹にいるんだよ。俺は女性じゃないからわからないけど、「お腹の中で育ってる」って気持ちが大きいみたいで。

だから「結局、着床しませんでした」って医師に言われた時のショックは、男性の比じゃないよね。体も傷ついてるし、お金もかけてるんだからね。だから、流産するのと同じような感覚じゃないかなと、俺はそこまで言えないけど…思う。

フーナーテストを3回受けるも精子が一度も見えなく、化学流産の経験もない私たち。意気込んで顕微授精をスタートしたものの、1度目の採卵は受精障害で全滅でした。

やっとの思いで凍結できた受精卵、初めての移植。判定日まで「お腹の中には私たちの赤ちゃんがいるんだ…」と幸せな気持ちでいっぱいでした。自然とお腹に手を当ててしまったり、「着床してね~待ってるよ~」と話しかけてました。

しかし、判定は陰性。せっかく受精卵になってくれたのに、もういなくなってしまったんだと思うと、とても悲しかったです。タイミングや人工授精の時と比べ物にならないくらいショックでした。

私の移植後の様子が、今までの高温期と少し違うことは夫にも伝わっていたようですが、ユカイさんの言葉を見て、移植後の私の気持ちを代弁してくれているような気がしてとても嬉しかったです。

世の男性全員に読んでほしい

ユカイさんが男性不妊だったことや、本を出していること、妊活や不妊治療を始めた夫婦なら知っている場合もあると思いますが、独身男性や、特に意識せずに子どもを授かった男性は知る機会も少ないと思います。

子供を授かるのって、昔は「できちゃった」とか「普通に生活してたらできる」と思ってたけど、今は仕事のストレスもあるし、それこそ無精子症なんかもある。夫婦がお互いに「子供を作ろう」という意思がないとあっという間に5年くらい経ってしまう。この5年を無駄にしてほしくない。

でも、そういう人にこそ、読んでほしい記事だと思いました。不妊治療を初めてからの1月、1年って、とても大きいものなんですよね。

記事全文はこちらです★
⇒ライブドアニュース「ダイアンド☆ユカイさんが語る男性の不妊治療」

私は人工授精していた時期に読みましたが、夫は読んでくれませんでした…。ステップアップした今なら読んでくれるかな?

↓「タネナシ。」はこちらです★

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タネナシ。 [ ダイアモンド・ユカイ ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/3時点)

 

 
応援クリックいただけたら嬉しいです(*^_^*)
 
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする