不妊症の約半数が男性不妊という事実!その原因は?

スポンサーリンク

不妊症の原因は男女双方にあります。

妊娠するのは女性の身体のため、妊娠しないのは女性に問題があると考えられがちですが、男性側に問題がある場合も少なくありません。

不妊を解決するためには、男女双方の協力が必要となってきます。

男性側の不妊症の原因って何があるの?

男性の不妊症の原因は、射精がうまくいかない場合(性機能障害)と、射精される精液中の精子の数や運動率が悪くなっている場合(精液性状低下)に分けられます。

性機能障害

性機能障害には、ストレス等により、勃起が起こらず性行為がうまくいかない勃起障害(ED)や、性行為はできても膣内射精が困難な膣内射精障害があります。

その他、動脈硬化や糖尿病も原因になります。

軽~中等度の精液性状(せいえきせいじょう)低下

精巣での精子形成や、精巣上体(せいそうじょうたい)での運動能獲得の過程に異常があると、精子の数が少なくなったり、動きが悪くなったり、奇形率が高くなったりします。

このような病態を、造精機能(ぞうせいきのう)障害と呼びます。

スポンサーリンク

高度の精液性状低下、無精子症

精液中の精子の数が極端に少なかったり(通常の1/100以下など)、運動率が極端に低い場合(20~30%以下)は、高度の精液性状低下と呼ばれます。

原因は上記の造精機能障害のほか、造精機能を司るホルモンの分泌低下、おたふくかぜによる耳下腺炎性精巣炎(じかせんえんせいせいそうえん)などがあげられます。

射出された精液の中に精子が全く見られない状態を無精子症といい、精巣内で精子がつくられているのに精液中に精子が出てこない閉塞性無精子症と、閉塞がないのに精子が全くつくられていない非閉塞性無精子症に分けられます。

精管が詰まる原因としては生まれつきの欠陥、性感染症や細菌感染による閉塞、鼠径(そけい)ヘルニア手術などがあります。

男性不妊まとめ

*不妊症の原因は男女双方にある。

*男性不妊症の原因は、性機能障害精液性状低下に大きく分けられる。

⇒「不妊症の女性側の原因とは?考えられる様々な要因」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする