葉酸を摂取していると体外受精や顕微授精での妊娠率は上がる?

スポンサーリンク

妊活を始めてから、葉酸のサプリメントを飲んだり、食事から取り入れるようにしている女性は多いですよね。

私も妊活を意識しだした時からサプリメントを飲んでいますが、葉酸=妊娠率アップ ではないと思っていました。飲み始めるときは、そのように書いてあるサイトしか見てなかったんですよね。

しかし、葉酸の摂取量と体外受精での妊娠率に関する、気になる記事を見つけました!

スポンサーリンク

葉酸の効果と注意点

葉酸とは

葉酸は、水溶性のビタミンB群の一種です。代謝に関わりが深く、タンパク質や核酸の合成に働いて細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。そのため、細胞が新しくつくり出される時に必須の栄養素です。ビタミンB12とともに、赤血球の生産を助ける造血ビタミンでもあります。

赤ちゃんの新しい細胞が作られる妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素とされています。2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されています。

葉酸の効果は?摂取量が不足した場合・・・

葉酸には、赤ちゃんの先天障害の発症リスクなどを軽減する効果があるといわれています。

葉酸が不足すると、胎児の細胞分裂がさかんな妊娠初期(4週~12週)においては、特に「二分脊椎症」などの神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなると言われています。また、授乳期においては、赤ちゃんの発育に遅れをおよぼす可能性が指摘されています。

現在、葉酸の過剰摂取による疾患は認められていません。また、必要摂取量を多少オーバーしてしまっても、葉酸は水溶性ビタミンなので、過剰分は尿の中に排出されてしまいます。あまり敏感にならず、積極的に摂取することが大切です。

いつから飲み始めたらいい?

上にもあるように、妊娠初期において葉酸を摂取することがとても大切です。しかし、この時期は妊活や不妊治療で意識していない限り、女性本人が妊娠に気付かないくらいの時期なんですよね。

妊娠1日目は、最終月経が始まった最初の日です。生理周期が28日の人であれば、妊娠4週に入る日が生理予定日のあたりになるので、自覚症状のない場合がほとんどですし、生理不順の人だと妊娠に気づくのはもっと遅くなります。

スポンサーリンク

そのため、妊娠を意識し始めたら、すぐに葉酸の摂取を始めることを推奨されています。

葉酸を飲んでいると妊娠率は上がるのか?

ハーバード公衆衛生大学院の研究チームの研究結果

ハーバードメディカルスクールの関連病院であるマサチューセッツ総合病院で、体外受精や顕微授精を受けている女性232名を対象に、食事やサプリメントからの葉酸の摂取量と治療成績との関連について調べました。

1日あたりの葉酸の総摂取量とサプリメントによる摂取量を算出し、それぞれの摂取量で4つのグループに分け、その後の353治療周期の治療成績との関連を解析しました。

研究の結果、わかったことは・・・
・1日の葉酸摂取量が多い女性ほど、着床率や妊娠率、出産率が高い

・葉酸摂取量が最も多いグループ(2,352μg/日)の女性の着床率は、最も少ないグループ(1,262μg/日)の女性のそれに比べて22%、妊娠率で24%、そして、出産率で26%高い

・サプリメントによる葉酸摂取量が最も多い女性(800μg/日以上)の出産率は、最も少ない女性(400μg/日未満)のそれに比べて20%高い

以上の研究結果により、葉酸の摂取量の多い女性ほど体外受精や顕微授精の治療成績が良好であることが明らかになりました。

葉酸の摂取量と不妊治療の妊娠率 まとめ

今まで、葉酸は赤ちゃんの先天障害のリスクを緩和するだけで、妊娠のしやすさには効果はないと思っていました。そのように書いてあるウェブサイトもたくさんあります。

しかし、このハーバード公衆衛生大学院の研究結果は、とても興味深いものでした。妊娠率や出産率が20%以上高いということは、不妊治療をしている人にとっては大きな違いです。

毎日ずっと飲み続けるとなると金銭面の負担は大きくなってきますが、サボらずに続けていくことが妊娠への近道と言えそうですね。

ちなみに、私は採卵の前からお休み(サボり)していたので、今日からまた移植に向けてきちんと飲み始めようと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする