カウフマン療法で服用するプレマリンの副作用で片頭痛が・・・

スポンサーリンク

採卵後の生理も終わり、お休み周期に入りました。

薬を服用して、ホルモンバランスを整えるカウフマン療法を行っています。

プレマリンはエストロゲン錠剤、ルトラールはプロゲステロン錠剤であり、二つを組み合わせて正常な生理周期(ホルモンの変化)を薬で疑似的に作り出すのがカウフマン療法です。

採卵のために注射等で卵子をたくさん育てたので、疲れている卵巣を休ませる治療というのがわかりやすいですね。

今回でカウフマン療法は3回目です。生理3日目(11/28)からプレマリンを飲み始め、
昨日(12/8)からルトラールも一緒に飲んでます。

今回も例外じゃなく、プレマリンを飲み始めると片頭痛が起きやすくなるんです。元々、片頭痛もちで低気圧の時には必ずダウンするんですが・・・・。

一度痛くなると、何を試しても(ストレッチとか)楽にならないので無理やり寝るしかないんですよね。それが、プレマリンを飲むと1日起きとかでやってくる。

スポンサーリンク

前回受診の時に担当医に相談したところ、生理痛で服用しているロキソプロフェンを併用してもいいとのことで我慢せずに飲むようにしています。

お薬の注意欄には「おりものが増えたり、腹痛、頭痛、めまい等が現れることがあります。」
ってなってるけど、こういう人が他にもいるのか気になります。

と思って「プレマリン 副作用 片頭痛」で調べると・・・使用上の注意の項目にありました!

慎重投与
片頭痛の患者[症状を悪化させるおそれがある。前兆を伴う片頭痛は虚血性脳卒中を有するおそれがある。]

※KEGG MEDICUSのプレマリンの医薬品情報ページより一部抜粋

脳卒中!?それは怖すぎる・・・。でも、吐き気や眩暈はないし、薬を飲めば治まるので、我慢するしかないかな。

こうやってしっかり紹介されている副作用なら仕方ないのかなと思いました。

ちなみにこのお薬たち、プレマリンは1日1回就寝前に1錠ずつ、ルトラールは朝と夜(就寝前でも可)に2錠ずつということで、よくわからなくなってしまいます。

そこで私がやっている方法は、雑な汚い字でお恥ずかしいですが…

カウフマン裏

★右のプレマリンには1錠ずつ日付を記入
★左のルトラールは2錠ずつ飲むので真ん中に日付を記入

こうして、飲み忘れ&飲み間違いを防いでいます。

服薬終了まで、残り1週間ちょっと。わがままだけど、片頭痛が出るなら予定ない日にしてほしいです。

明日からは移植に向けた点鼻薬も始まります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする