子宮内膜症が原因で不妊に悩む可能性も その症状や治療法は?

スポンサーリンク

私は学生時代から生理痛が重いタイプでした。

当時は冷えなどを気にしない服装などにも問題があったのかもしれませんが、大人になって食べ物や服装に気を付けるようになっても、症状は楽になるどころかひどくなるばかりでした。

仕事にも支障が出るようになったので、独身時代に婦人科へ行ったところ、子宮内膜症と診断されました。

女性の多くを悩ませる生理痛の原因となる子宮内膜症についてまとめてみました。

スポンサーリンク

子宮内膜症は珍しい病気ではありません

子宮内膜症って何?

子宮内膜症とは、本来、子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や子宮内膜様の組織が、子宮以外の場所にできる病気です。

子宮内腔の内膜は、月経期になるとはがれて出血しますが、子宮以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮の周期と同じようにはがれ落ちます。

このはがれ落ちた血液や内膜は体外に出すことができずに残ってしまい、他の臓器との癒着が起きたり、卵巣の中に古い血液が溜まりチョコレート嚢胞が形成されます。

子宮内膜症は珍しい病気なの?

生殖年齢の女性のおよそ10%に子宮内膜症があると考えられています。妊娠したことのない女性に多いことも知られています。

原因は不明ですが、月経時に剥がれ落ちた子宮内膜の一部が、卵管を逆走して卵巣や腹部臓器に達して増殖するという説が最も有力視されています。その他に生まれつきという説もあります。

*日本医師会HPより

10人に1人が子宮内膜症といえるので、あまり珍しいことではないですね。しかし、昔はここまで子宮内膜症の人は多くなかったそうです。

なぜ子宮内膜症で悩む人が増えてきたの?

私を診断した医師に説明を受けました。

昔の女性は10代で結婚し、10人近く子どもを産む人も多かったので、妊娠・授乳により月経が長い間停止します。そのことで、発症した子宮内膜症が自然と治ったり、また予防する結果にもなっていたと考えられます。

しかし、現代の女性は初経を迎える年齢が早い傾向にあり、逆に閉経の時期は遅くなっています。さらに働きたいと考える女性が増え、結婚年齢も出産年齢も遅くなり、子どもをつくらないという選択をする女性も増えてきました。

その結果、妊娠・授乳により月経が停止することで生まれる「自然治療」の機会が減少してしまい、子宮内膜症に悩む女性が増えてきたと考えられているそうです。

子宮内膜症の症状と病院での検査方法

子宮内膜症だと考えられる症状とは

症状が一切でない人から、「急性腹症」といって開腹手術が必要になる人まで症状はさまざまです。そのため、自分が子宮内膜症だと気づいてない人もたくさんいます。

一番はっきりとわかるのは生理痛です。子宮内膜症が原因の場合、その月経によって痛みが変わることは少なく、前回の生理よりも・・・前々回の生理よりも・・・とどんどん痛みがひどくなるのが特徴です。

痛みだけではなく、月経時の出血が多くなり、今まで使っていたナプキンでは間に合わなくなるという人もいます。

私の場合は、それまで市販薬を飲んですぐに楽になっていた生理痛が、薬を飲んでも7割くらいしか効き目がでなくなり、生活に支障がでるようになりました。

子宮内膜症の主な症状には以下のようなものがあります。

  • 月経時の下腹部の痛みや腰痛がひどくなった
  • 以前よりも月経時の出血が多くなった
  • 排便時に痛みや、下痢をすることが多い
  • 頭痛や吐き気、おう吐や発熱を起こした
  • 性交痛がある(月経期に関係なく)

病院に行った場合、どんな検査をするの?

医師の問診で症状を聞き取ったあと、内診(直接腟や肛門から指を入れ、子宮や骨盤内の臓器の状態などをみる)をするのが一般的な流れです。

このほかにも病院や患者のケースによりますが、血液検査や超音波検査、CT(コンピューター断層撮影)MRI(磁気共鳴画像診断装置)などの検査をすることも多いです。

私は最初に診断された時、内診はせずに、腹部の超音波検査のみで卵巣の腫れが確認できたため、子宮内膜症と診断されました。膣や肛門から指を入れる内診に抵抗のある方(特に学生さんなど若い方)は、看護師などに相談してみても良いと思います。

病巣の位置や進行の程度などをはっきり確かめるためには、腹腔鏡検査が行われることもあります。腹部に小さな切開を入れ、ここから細い管を入れて内部の病巣を肉眼で観察する方法です。

スポンサーリンク

子宮内膜症の治療方法と不妊との関係性

子宮内膜症と診断された場合、治療方法は大きく分けて3通りあります。

ホルモン療法

子宮内膜症は、エストロゲンという女性ホルモンの働きにより起こる病気です。そこで、このエストロゲンの働きを薬で抑えてしまうというのがホルモン療法です。

ホルモン療法に使われる薬は、医師や患者の症状によって様々ですが、身体を妊娠した状態にする「偽妊娠療法」や、閉経と同じ状態にする「偽閉経療法」があり、低用量ピルなどが処方されます。

ホルモン療法は、体にメスを入れることなく薬で治療できるのが長所です。ただ、使用する薬(ピル)によっては副作用の心配もあるので長期には続けられません。また、治療をやめると遠からず再発することになります。

さらにホルモン療法では排卵が抑えられるので、妊娠を希望する場合は治療を中断しなければなりません。

手術療法

ホルモン療法で効果が出ない場合や、症状や年齢等を考慮して、開腹手術や腹腔鏡手術を行う場合もあります

腹腔鏡手術は、腹部に2~3カ所小さな孔を開けるだけですみます。ここから、腹腔鏡という長い管を差し込み、病巣を取り除いたり、癒着した臓器をはがします。手術に比べて体の負担が少なく、回復が早いことが利点です。

しかし、開腹手術でも腹腔鏡手術でも、卵巣や子宮を残せば再発の危険性は残されます。

子宮内膜症は妊娠に影響がある?

子宮内膜症が起きた場所によりますが、卵子の質、排卵、ピックアップ、卵管機能、受精、着床など、どこかのステップで障害となってしまい、不妊症の原因となる可能性はあるようです。そのため、不妊治療が必要となる人もいます。

しかし、必ずしも子宮内膜症があるから不妊症になるというわけではなく、軽度の子宮内膜症であれば自然妊娠する可能性も高くあります。

また、妊娠・出産をすることで月経が長期間止まり、授乳後に再開したときに治癒しているケースもあるそうです。私の医師も「子宮内膜症の一番の治療法は妊娠することです。」と言っていました。

子宮内膜症について まとめ

子宮内膜症は、現代女性の10人に1人がなるという珍しくない病気です。しかし、早めに治療をすることで症状が治まり、生理痛が楽になることもあります。

妊娠を望む女性に限らず、もしかして・・・と思い当たる症状があれば、我慢せずに医師の診察を受けることをお勧めします。婦人科には、このような悩みを抱えた中・高校生が来ることも少なくないので、恥ずかしがることはありません。

私は、左卵巣の裏に癒着があり、最近になってチョコレート嚢腫が発見されましたが、今のところ手術療法を勧められてはいません。しかし、不妊治療がこのまま続くようであれば、再度医師と相談しようと思っています。

こちらの記事もオススメです★
⇒「生理痛がひどい人にオススメ 痛みをやわらげる方法7つ@管理人調べ」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする