生理前に出る茶オリの正体と原因は?検査の必要性はあるの?

スポンサーリンク

私は生理のとき、突然出血があるのではなく3日前から茶オリが出始めます。20代前半までは違った記憶があるんですが、今は毎回このパターンです。

生理が来るのが予測できるので、生理用品の準備をするのに便利な反面、オリモノシートを常につけている必要があります。

不妊治療を始めてから自分の身体の変化に敏感になり、気になったのでインターネットや本などで原因を調べ、担当医にも相談してみました。

スポンサーリンク

生理前の茶オリの正体と、その原因

なぜ、生理前にはオリモノが茶色くなるの?

メディシルで調べると、こう書いてありました。

これは「ごく少量の血が混ざったおりもの」だと考えられています。

女性の身体は生理前になると、子宮内に血液の“膜”ができます。そしてこの膜からは、ごく少量の血液が染みだすことがあるのです。すると、その血液がおりものに混ざり、茶おりが分泌される、という理由です。

子宮からの生理前の合図ということで間違いないですね。

生理前に茶オリが出る原因とは

生理前に茶オリが出る原因としては、以下のような理由が考えられます。

・ホルモンバランスの崩れ
 ・年齢による子宮や卵巣環境の変化
 ・膣の炎症やびらんなど
 ・本格的な生理が始まる前の兆候
 ・子宮がんや子宮筋腫・子宮頸がんなどの病気
 ・性行為などによる出血
 ・排卵出血

しかし、私の場合ときどきではなく毎月決まって茶オリから始まるし、子宮頸がん等の基本的な検査は不妊治療に通っているので済ませてあります。

ホルモンバランスの崩れは否定できないけれど、血液検査などで指摘されたことはありません。

スポンサーリンク

生理前の茶オリは問題があるのか?担当医に聞いてみた

元々通っていた、基本的な検査~人工授精までを行った病院、そして今顕微授精のために通っている病院、両方の先生に聞いてみました。

担当医の見解

確かに、病気が原因での不正出血というケースもあるので、生理周期に関係なく出血がある場合などは検査をした方が良いでしょう。

しかし、私のように既に一般的な検査を行っていて、定期的に内診や治療をしている場合は、特に心配することはありません。

また、閉経間近などの年齢に関係なく、生理が茶色の出血(茶オリ)から始まる女性は珍しくありません。

生理が始まるスピードには個人差がある

また、私が医師から言われたのは、子宮内で内膜が剥がれ落ち始めても(出血が始まっても)すぐには子宮の外に出てこず、少量ずつオリモノに混ざって出てくることが多いということでした。

血液は空気に触れると茶色に変色するので、子宮の外に出るときには茶オリのように見えるということです。

この出てくる速度には個人差があるので、茶オリで生理が来ることを予想する人もいれば、ある日突然鮮血が出て生理が始まる人もいるそうです。

生理前の茶オリについて まとめ

私は毎回生理のたびに「これが着床出血だったらいいのにな・・・」と思います。

しかし、茶オリ3日間の後に生理が始まる体質だと割り切ってからは、「私が妊娠するときは、この茶オリが出てこない時だな」と考えるようになりました。生理痛が重い私としては生理日が事前にわかることで予定を調整することができるのも助かっています。

私同様、身体に問題はないけれど毎回茶オリから始まるという人がたくさんいることもわかり、安心しました。

突然、生理前に茶オリが出始めるようになった人は、何周期か様子を見たり、病院で基本的な検査(子宮系の問題がないか)を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする