3度目の採卵してきました

スポンサーリンク

リアルタイムで綴っている、私の不妊治療記録です。

2016年9月14日、3度目となる採卵をしてきました。過去2回に引き続き、今回もロング法で目標は15個以上採卵&4個以上受精でした。

過去2回の受精率、あまり良くありません。

私の卵の質に問題があるのか、夫の精子の状態が悪いのか両方かもしれませんね。

もちろん、OHSSのリスクは覚悟した上での挑戦です。HMG注射300単位を3日間打って、
それ以降は150単位を毎日打ってもらいました。

しかしながら、採卵前に行った診察(卵胞チェック)で見えたのは左の卵巣に3個、右の卵巣に5個の計8個。先生も首をかしげていました。

スポンサーリンク

私の通っている病院は、採卵は腰椎麻酔で行うので1日入院となります。夜になって、麻酔はまだ効いているのでベッドに横になったまま、先生から報告がありました。

成熟卵は3個のみ、他は空胞や水が入っているだけでした。あれだけ注射を打ったのにたった3個…ロング法なのに?

私たち夫婦の過去の受精率から行くと、受精せずに全滅することも考えられる数。夫に電話で報告し、私はすでに諦めモードで泣き寝入りしました。

翌日、受精確認の報告があり、なんと3個中2個受精してくれました!全滅すると思っていたので、本当によかったです。

受精卵が多数できれば何個かは胚盤胞まで培養してもらう予定でしたが、2個しかないので胚盤胞凍結は目指さずに、このまま初期胚で凍結することになりました。

お迎え(移植)は年明けの予定です。

採卵までの通院や注射が一番大変だし、金額もかかるのでとりあえず全滅じゃなくてよかったです。これが最後の採卵となりますように。

自然妊娠は難しいと言われているけど、医療の力を借りてでも自分の卵子と夫の精子が「受精する」って、やっぱり嬉しいものですね。

移植に向けて、ストレスフリーな生活を送りたいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする