赤ちゃんの外気浴は日光浴びないと意味ない?帽子や日焼け止めは必要?

スポンサーリンク

赤ちゃんの外気浴、やってみようと思い立ってもいざとなると色々と心配が…。

初めての子育て、初めての赤ちゃんを連れての外出でなんでも不安になってしまうのは分かります。

赤ちゃんの肌はデリケートだけれども、紫外線は大丈夫?日焼けしちゃったらどうするの?虫よけは?

実際に外気浴をする際の服装や、太陽にあたることについてなど考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの外気浴は日光を浴びないと意味ないの?

赤ちゃんの外気浴、実際に赤ちゃんを連れて外に出てみたら「思ったよりも日差しがない!」なんてこともあるかもしれません。

でも大丈夫!外気浴というのは、日光を浴びるためのものではなく、外の空気に赤ちゃんをふれさせて五感を刺激してあげましょう、というのが目的です。

なので、真夏などは曇りの日の方が実は都合がよいとも考えられます。

もちろん晴れていても全く問題はありませんが、強すぎる日差しは薄い赤ちゃんの皮膚には刺激が強すぎる場合もありますから、むしろ最初の外気浴は暖かな薄曇りの日などが良いのかもしれません。

赤ちゃんの外気浴、日光を少し浴びればそれは健康にとても良いことだとは思いますが浴びなくても全く問題はないんです。

パパママと赤ちゃんの気分が良ければ、曇り空でも気にせずにどんどん外気浴に出かけましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが外気浴するとき帽子は必要?

赤ちゃんの身体はとても小さくて肌もふわふわ、薄い皮膚は大人の厚さの半分以下です。そう、赤ちゃんの身体のすべてがとても繊細なんです。

赤ちゃんが外気浴をする際、夏なら日除けとして、冬ならば防寒として帽子はかぶせてあげると良いでしょう。

赤ちゃんの帽子を用意していないときはどうする?

市販されている子供の帽子って割と大きめが多いんですよね…頭の周囲が48センチとか?まだハイハイもしない赤ちゃんの頭はそんな大きくはありません。

そんな時はガーゼのハンカチを折って可愛い頭にチョコンとかけてあげても良いですし、寒くない季節ならベビードレスに付いているレースの帽子を外気浴の際に使っても可愛いと思います。

外気浴の際に抱っこ紐を使うのであれば、抱っこ紐についている付属の日除けをふんわりとかけるだけで、夏は過ごしやすくなるかもしれませんね。

靴下は履く?履かない?

同じ理由で考えられるのが靴下!

冬以外では裸足での外気浴がお勧めです。

実際に抱っこ紐で外気浴をしていると気づかれるかと思いますが、赤ちゃんが外気にふれるのは顔と手、足だけっていうこともあるんですよね。

ですから、できる限り外の空気を身体で感じられるように靴下を脱がせてあげて、ひんやりとした空気や爽やかな風を赤ちゃんと共有してみてください。

赤ちゃんの外気浴は日焼け止めで紫外線対策が必要?

赤ちゃんの皮膚、表皮の薄さは大人の半分以下の0.1㎜!

生まれたての皮膚はそれだけ柔らかくプルプルで可愛いらしいんですが、皮膚が薄いということは、それだけ紫外線などの刺激に対して弱いということを表しています。

デリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、外気浴の時に日焼け止めなどはもちろん、朝晩のスキンケアで保湿剤などもしっかり塗ってあげましょう。

肌に直接塗ることになる保湿剤や日焼け止めなどのスキンケア用品は、月齢にあった刺激の少ないものを選んであげます。

優しく塗るパパママの手の温かさも、赤ちゃんにとっては嬉しい刺激のスキンシップのひとつになりますよ。

室内の紫外線対策もおすすめ!

外気浴として窓際で少しの時間、窓を開けて外の空気を感じさせてあげるだけの場合も、もしも日差しが強く赤ちゃんに直射日光が当たってしまうような場合には、UVカットのレースカーテンなどを使ってみても良いでしょう。

UVカットのカーテンや窓に貼る紫外線対策のガラスフィルムなどを活用すれば、外気浴以外にも安心して暑い季節にも室内ですごくことが出来そうです。

虫よけ対策も忘れずに!

また、夏の外出となると心配なのが虫よけですが・・・

公園などに夏場に連れて行くと、どうしても蚊の心配がありますよね。

1人で歩いて動き回る子供はもちろん、ハイハイもしない赤ちゃんが常に抱っこ紐の中に入っていたとしても、寄ってくる蚊は時に避けられない場合もあります。

虫よけは刺激が強そうだから・・・と躊躇するパパママも多いのですが、今はオーガニックのタイプもあるので安心ですし、肌に塗布するのが心配でしたら、洋服に付ける虫よけシールやベビーカーに取り付ける虫よけもあるので活用してみてください。

薬局に行けば色々なメーカーの物が売られていますが、心配であれば検診の時に看護師さんに聞いてみると良いアドバイスがもらえるかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんの外気浴の頻度と紫外線対策、パパママにとっては初めてのことも多く、季節によって迷う事も多いですね。

外気浴は一番気軽に始められる赤ちゃんとの外出です。

帽子や日焼け止めなど紫外線対策用品を上手に活用して、赤ちゃんとのお外気浴を楽しんでみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする