妊婦で尿が出にくい原因は妊娠中期の尿閉?出し方や治るまでの体験談

スポンサーリンク

妊娠すると、トイレが近くなる「頻尿」に悩まされる人が多いと聞いていました。

私も妊娠後期には子宮が大きくなり頻尿になりましたが、それ以上に困ったのは、妊娠中期に尿が出なくなってしまったことです。

病院で相談すると「尿閉」になる人もいるということで、自分なりに尿の出し方を工夫して、なんとか乗り切りました。

少数派だけど私のように悩まされる人はいるという、妊婦さんの尿閉について記録を残しておきます。

スポンサーリンク

妊婦で尿が出にくい人の原因はなぜ?

妊婦さんで、頻繁にトイレに行きたくなってしまう「頻尿」に悩まされている人は多いようです。

妊娠に気づくかどうか…の妊娠超初期にホルモンの影響で起こることもあれば、妊娠中期から後期にかけて子宮が大きくなるにつれて、膀胱が圧迫され頻尿になるケースがほとんどです。

しかし、一方で「尿が出にくい(出ない)」という症状で悩まされる人がいることを、身をもって体験しました。

妊娠15週の朝に尿が出なくなった!

それは、妊娠15週目の朝に突然やってきました。

朝いつもと同じ時間に起きて、習慣どおりトイレに行って座り、排尿しようと思いましたが全然尿が出てきません。

尿意がない訳ではなく、夜中にトイレに起きてもいないので、膀胱に尿はあるのに「出したいのに出せない」という表現がぴったりです。

そんな症状は初めてだったので、2~3分そのままお腹(膀胱)を押してみたりしましたが状況は変わらず、諦めてトイレから一度離れました。

「このまま出なかったらどうしよう…」「お漏らししちゃったら…」と不安になりながらもお弁当や朝食の準備で動き回り、20分くらい経過した後に再度トイレに行くと、なんとなく勢いは弱かったですが出始めてくれて一安心でした。

時期が秋だったので「寒かったからかな?」と、たまたまだとこの時は思っていました。

尿が出ない悩みは1日で終わらず…

私の場合、朝一の尿が全然出なくて困ったものの、その後日中から夜にかけては普通に尿意があり、排尿もできていました。

「たまたまかな?」と呑気に考えていたので、翌朝トイレに行って同じように「え!?出ない!?」となったときはプチパニックです。

この日も数分後まで我慢すれば排尿できたのですが、その夜から寝るのが怖くなりました。

妊婦健診の日が1週間後くらいだったので「もし、数分~数時間経っても自力で出せなかったら病院へ行こう」と決め、それまでは気休め程度の工夫で乗り切りました。

・就寝3時間前くらいから水分を控える

・就寝4時間後(深夜)にアラームをセットして、トイレに行っておく

※寝る直前にトイレに行くというのは元々習慣づいてました

深夜に一度トイレに起きておけば、朝起きた時に尿が出ない時でも「夜中一度出してるから膀胱に余裕あるはず」と思えるのが大きかったです。


スポンサーリンク

妊娠中期に尿閉になり医師に相談 病院での処置は?

妊婦健診までの間にネットで調べたところ、どうやらこの状況は「尿閉(にょうへい)」というものだとわかりました。

結局、妊娠16週の妊婦健診までの1週間、尿閉じゃなかった日は1日だけでしたが、自力でどうにか出すことができていました。

やっと迎えた健診の日、医師に今までの経過とこれからのことを相談してみました。

妊婦が尿閉になる原因は?

あまり知られていないようですが、やはり妊婦が尿閉に悩むことはあるようです。

私が医師から説明された尿閉になる原因は、このようなものでした。

膀胱から尿が外に出でるまでの通り道を尿道といいます。

大きくなっていく子宮が尿道を圧迫してしまうと、排尿が難しくなり、閉尿になって自力でおしっこが出せなくなる人がいます。

子宮は大きくなるにつれて立ち上がって縦に伸びていくけど、元々子宮後屈の人はその立ち上がるまでの間、特に尿道や膀胱が圧迫されやすいんですよね。

子宮は通常、お腹側に傾いた状態(子宮前屈)なのですが、約20%の女性は背中側に傾いた状態(子宮後屈)だそうです。

子宮後屈は病気でもなく、妊娠や出産に特に影響が無いため自分で気づいてない人も多いそうです。

しかし、私は生理痛が酷くて婦人科に通っていたときに自分が子宮後屈だと知っていたので「だからかー!」と納得でした。

自力でおしっこが出せない場合の治療方法は?

ここまで1週間は時間が経てば尿閉が楽になっていましたが、今後どうしても排尿できなかった時のことを確認しました。

病院に来てもらえれば、尿道カテーテルを入れて出してあげられる(導尿)ので、受診してください。

ネット情報によると、病院によっては時間外などでも導尿してもらえるところもあるようですが、私の担当医はこう付け足しました。

膀胱は思っているより容量が大きいので、夜寝る前にトイレに行ってるなら、9時の開院まで待っても持ちますよ~。

どうしようもなかったら来てもらえたら導尿するけど、できれば9時過ぎてから来てね。

いくら「膀胱の容量は大丈夫」と言われても、我慢しすぎていると膀胱が痛くなってくるし、膀胱炎になる心配も出てくるんですよね…。

何もできない患者の気持ちをわかってほしいなと思ってしまいました。

妊婦の尿閉はいつになったら治まる?

私が尿閉に悩み始めたのが妊娠初期から中期にかけてのタイミングだったので、これが「いつまで続くのか?」も不安でした。

子宮がもう少し大きくなったら閉尿が治るのが一般的ですが、中には出産までずっと悩む人もいます。

過去に、他のトラブルは一切ないけど1日中尿閉が治らない人がいて、その人は出産まで入院して、カテーテルをずっと入れていました。

出産したら何事もないように排尿できるようになったので泌尿器関係の病気でもなんでもなく、これは人それぞれです。

導尿カテーテルにも抵抗はありますし、赤ちゃんに問題ないのに入院なんて嫌だ…と思い、自分でできることをやろうと決めました。

尿閉で困った時の出し方と治るまでの期間は?

医師に閉尿の対処法や対策を聞いてみましたが「寝る前に水分控えめにして、トイレに行っておくくらいかな?」と既に実践していることしか言われませんでした。

そこで、自分でネット上で情報収集したことを色々試してみました。

尿閉でおしっこが出ない朝にやったこと

私個人の感想ですが、効果があったこと、逆効果だったことをそれぞれ書いておきます。

どの方法も夜の就寝前ではなく、朝起きてからトイレに行くまでにやると良いと書かれていたものです。

効果があったこと

①腰の下にクッションを置き、腰の位置を高くする

目が覚めてもすぐに起き上がらず、抱き枕を斜めにして腰の下に入れるようにしてみました。

10分くらいそのままの状態でいて、その後トイレに行くと…なんとおしっこが格段に出やすくなりました!

どうやら、寝ている間に尿管を圧迫する位置に鎮座してしまった子宮の位置を、腰を持ち上げることでちょっとずらし出しやすくなるようです。

②便座に座ったまま前屈する

これは、①を行ったあとトイレに行ったものの尿が出なかったときにやってみました。まだお腹があまり出てきていない妊娠初期・中期だからできることですね。

それまでは一度トイレから離れて数十分しないと尿が出ませんでしたが、この方法だとトイレに入って数分後に出てくれるようになりました。

これも①と同様、子宮の位置をちょっとずらせたことによる効果だと思います。

この理屈どおりに行けば、腰を回してみたり左右に捻ってみたり、動かすことで出やすくなることがあるのかもしれませんね。

ただし、お腹(子宮)が張りやすい人や張っている時は、無理して動いたりしないように気を付けましょう。

効果がなかったこと

・利尿作用のある飲み物(お茶やスポーツドリンク)をたくさん飲む

夜から水分を控えて、トイレにわざわざ起きるようにしている自分にとっては恐怖でしたが、一応試してみました。

ですが、私の場合は単純に「更におしっこをしたくなる」だけで、「勢いがついて出やすくなる」ような効果はありませんでした。

逆効果では?と思ったので1日で止めてしまいました。

私の尿閉が治ったのは…

妊娠15週と同時に始まり、2週間悩まされた尿閉は妊娠17週に入ると一気に終息し、夜中にアラームでわざとトイレに起きなくても大丈夫になりました。

傍からみると【たった2週間】ですが、毎朝トイレに行くたびにドキドキし、尿が出ないと焦り、心も体も苦しい2週間でした。

その後、妊娠後期になると頻尿に悩まされるようになりましたが、閉尿を経験したからか「トイレに行けば済むんだから頻尿の方が全然楽だ」と思えるほどです。

一度もカテーテルのお世話になることなく自力で出せていたので、症状も軽かった方なのかなと今では思います。


スポンサーリンク

まとめ

妊娠4か月の終わりから妊娠5か月にかけて悩まされた、尿閉についての体験談をご紹介しました。

尿閉の辛さを身をもって体験した以上、同様に悩む方に参考にしていただいて、少しでも楽になってもらえればと思っています。

この記事で紹介したのは私個人の対処法でしかないので、人によっては効果がなかったり、尿閉の原因が他にある可能性も無いとは言い切れません。

自分でどうにもできない時は、早めに産科医師に相談するようにしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする