ベビーカーb型いつまで使う?不要な可能性も?バギーの違いを解説

スポンサーリンク

『ベビーカーのa型って、やっぱり大きいし重いな』『そろそろコンパクトなb型を買おうかな』など悩んだことはありませんか?

ベビーカーと言っても、a型、b型、3輪、バギーなどたくさんありますね。

その中でもコンパクトな「ベビーカーb型」と「バギー」。違いは何?本当に必要?という方もいらっしゃるかと思います。

「ベビーカーb型」と「バギー」を比べて見ていきましょう。

スポンサーリンク

ベビーカーb型はいつまで使える?

ベビーカーb型の対象年齢は、一般的に生後7ヶ月〜3才までとされています。

体重制限の目安は商品によってばらつきがありますが、多くは15kg〜18kgまで可能とされています。

コンパクトかつ軽量なb型ベビーカー3選

おすすめのコンパクト&軽量のb型ベビーカーを3つ紹介します。

1)magical air

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【さらにポイント9倍】送料無料 マジカルエアー ブラック Magical Air…
価格:19980円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

こちらの商品はわずか3.0kg!『ゆれぐらガード』で車体の揺れやぐらつきを抑えます。

*メーカー:Aprica
*価格  :19,980円(税込)
*重量  :3.0kg
*タイプ :b型(生後7ヵ月~3才)
*体重制限:15kg以下
*リクライニング 118°~135°

とにかく軽い!

毎日「子ども+ベビーカー」を持って階段を使いますが、それも苦にならないくらい軽いです。

ただ、段差には引っ掛かりやすいですし、後ろに荷物をかけた状態で子どもを降ろすとバランスを崩したりします。

持ち運ぶことが多い私にとってはメリットの方が大きいので満足です!

2) F2 AF

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【さらにポイント9倍】送料無料 F2 AF 当店限定ブラック エフツー エーエフ…
価格:19800円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

こちらの商品は『ワンハンドグリップ』で片手でスイスイ押せて小回りがきくのがポイントです。

*メーカー:Combi
*価格  :19,800円(税込)
*重量  :3.7kg
*タイプ :b型(生後7ヵ月~3才)
*体重制限:15kg以下
*リクライニング 120°~135°

良い感じ〜

子どもが7か月になったのを機に購入しました。

軽量、ワンタッチ開閉、メッシュシート、自立する、たたんだ時タイヤが上に来ない事が決め手でした!

お昼寝を挟むような終日のお出かけの時はa型、ちょこっと出かけるときなどはF2と、今は使い分けしています。

3) Bingle ビングル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【さらにポイント9倍】★送料無料★ ビングル Bingle ピジョン pigeo…
価格:28080円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

こちらの商品は話題の『シングルタイヤ』!押しやすく小回りがきくのがポイントです。

*メーカー:Pigeon
*価格  :28,080円(税込)
*重量  :3.6kg
*タイプ :b型(生後7ヵ月~3才)
*体重制限:15kg以下
*リクライニング 118°~135°

ベビーカーのストレスが全部解消しました。

電車移動が多いため、「軽さ・片手でのたたみやすさ・たたんだ時のコンパクトさ・走行性」を重視しました。

シングルタイヤは片手でも押して歩けるくらい快適でした!

スポンサーリンク

ベビーカーb型が不要でいらないという人もいる?

ベビーカーb型はコンパクト&軽量で便利ですが、「不要」という意見もあります。

* a型で足りるので使わない
* b型でなく、バギーを購入する
* 車に乗せるため、もっとコンパクトなバギーがいい
* ベビーカー自体使わなくなった

特に最近のa型はコンパクトになってきているため、「a型→b型」と買い替えない、または「a型→バギー」購入という場合もあります。

そして、3才前後になると歩ける距離が長くなるのもあり、ベビーカーでのお出かけ自体が減っていきます。

ただ、遠出の場合は疲れた時・お昼寝した時などベビーカーがあると便利ですね。

友人の場合、a型ベビーカーが大きすぎると感じて「コンパクトなb型」を購入。電車移動が多いのでa型より手軽に使えるそうです。

一方私は自転車移動が多いので、b型を購入したいと思いつつも、a型のみ時々使用しています。

ベビーカーb型とバギーの違いは何?

最後に、両者の違いを見てみましょう。

ベビーカーa型・b型という分類は、日本の製品安全協会が認定する『SGマーク』によるものです。『SG基準』という基準に適合した製品であるという点は安心ですね。

バギーは、b型ベビーカーに比べて簡易な構造になっています。その分、さらに「コンパクト」&「軽量」なので持ち運びに特化していると言えます。

バギーの方が「より軽量・コンパクト・安価」なのでお手軽です。

ただ、b型ベビーカーと違って「クッション・リクライニング・車輪のサスペンション(※1)」がない場合が多いので、長時間の使用は控えるなどの調節が必要ですね。

※1 車輪のサスペンション:ベビーカーが揺れたときの振動・衝撃を吸収してやわらげる機能

人気でオススメのバギー2選

私も欲しいと思った、おすすめのバギーを2つ紹介します。

1) クールキッズバギー エックス エンドー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【さらにポイント9倍】送料無料 クールキッズバギー エックス エンドー ENDO…
価格:5280円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

こちらのバギーは3kgを切る軽さ、そしてリーズナブルなのが魅力です!

*メーカー:エンドー
*価格  :5,280円(税込)
*重量  :2.9kg
*生後7ヵ月~2才ごろ
*体重制限:~15kg
*リクライニング なし

a型が5.5キロで重くb型を検討中だったが、飛行機・電車に乗るので再度バギーを検討していました。

軽さ重視で購入し、結果とても軽くて大満足!操縦も問題なかったです。

2) gb ポキットプラス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【さらにポイント9倍】送料無料 gb ポキットプラス gb POCKIT+ Cy…
価格:27000円(税込、送料無料) (2018/10/8時点)

楽天で購入

ちょっと値段は高めですが、自転車のカゴに乗せたり、飛行機に持ち込めるくらいコンパクトというのが魅力的です。

*メーカー:Cybex サイベックス
*価格  :27,000円(税込)
*重量  :4.9kg
*新生児~4才ごろ(別売りのベビーシートを取り付ければ新生児から可)
*体重制限:〜17kg
*リクライニング あり(130°~150°)

よく出来た商品だと思います。

a型からの買い替えです。

車の後部座席に置いても邪魔にならないし、たまにコインロッカーに入れることも。乗り心地も問題ないようですし、操作も軽くて楽です。

日よけだけが簡素に感じます。

スポンサーリンク

まとめ

ライフスタイルによって使うベビーカーが違ってきますよね。

振動が軽減されているb型、コンパクト&軽量なバギー、それぞれ特長があります。

電車・バスなどを使うか、毎日ベビーカーを使うかなどを考えつつ、こども・ママ・パパに最適な商品が見つかるといいですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする