「 女性の病気・症状・悩み 」一覧

スポンサーリンク
だいたひかるさんが乳がん発症前 不妊治療で体外受精していたことを告白

だいたひかるさんが乳がん発症前 不妊治療で体外受精していたことを告白

だいたひかるさんが乳がんにより右乳房を全摘出し、今も治療を続けていることが明らかになりました。2月11日のフジテレビ系「めざましテレビ」で、長野美郷キャスターのインタビューに答え、乳がん発症前に妊活(体外受精)をしていたことを明かしました。

卵子の質を高める効果のあるミトコンドリアを簡単に増やす方法とは

卵子の質を高める効果のあるミトコンドリアを簡単に増やす方法とは

卵子の質を上げる効果があると言われる【ミトコンドリア】をご存じでしょうか?不妊の原因の一つと言われる【卵子の老化】ですが、ミトコンドリアを増やすことで防ぐことができると、医療機関や不妊治療に悩む方の中でも注目されています。ミトコンドリアを増やす方法や、私が2回目の採卵前に取り組んだミトコンウォークのやり方についてご紹介します。

胚移植後の過ごし方での心配や注意点!自転車はダメ?安静の必要は?

胚移植後の過ごし方での心配や注意点!自転車はダメ?安静の必要は?

不妊治療で行う体外受精及び顕微授精において、胚移植というのはとても重要な過程です。そのため、胚移植後の生活について、気になることや些細なことが心配になる人も少なくないと思います。私が不安や疑問に思う3つのことについて調べてみました。

高温期にインフルエンザを発症した場合の高熱や薬による妊娠への影響は?

高温期にインフルエンザを発症した場合の高熱や薬による妊娠への影響は?

2016年の年の瀬、私はインフルエンザA型にかかりました。その時は採卵を終えて移植前のお休み周期で、カウフマン療法の薬を服用していたため、妊娠の可能性は限りなく低かったのですが、ちょうど生理前1週間の高温期のことでした。病院を受診した際の問診票の「妊娠の可能性」欄には、今回は悩むことなく【なし】と付けましたが、もし妊娠に気づいていない状態で薬を服用した場合、影響があるのだろうかと気になりました。