確定申告で医療費控除を受けるには(作成・提出編)

スポンサーリンク

確定申告の時期がやってきましたね。不妊治療も含め、1年間に10万円以上医療費を支払った方は、確定申告で医療費控除を受けることができます。

難しそうに感じている方もいるかと思いますが、明細やレシートをまとめて保管し、記録を残すなど準備しておくと、思いのほか簡単なものです。医療費控除を受ける際に参考にしていただくために、その手順を紹介します。

一部、ご自宅にパソコンとプリンターがあることを前提とした記事となっています。

スポンサーリンク

提出に向けての準備

前回の記事をお読みになってない方は、確定申告で医療費控除を受けるには(準備編)を先にお読みいただくと、わかりやすいと思います。

記録してきた明細書と領収書やレシートを付け合せる

確定申告は、その年の1月1日~12月31日の間の所得や医療費を申告するものになります。年をまたぐと、その年の医療費は確定しますので、手書きやExcelで記録していた明細書と、病院や薬局からの領収書やレシートを付け合せましょう。

私は、明細書の順番(日付順)にひと月ごとクリップで留めておきました。日付順なので名義を分ける必要もなし、レシートも合間に挟まってます。

確定申告書を作成する

職場から源泉徴収票を貰ったら、確定申告書を作成します。

国税庁HPの確定申告書等作成コーナーで、【申告書・決算書 収支内訳書等 作成開始】ボタンから始めます。e-Taxという自宅で申告できるサービスもありますが、わざわざ準備しなくてはいけないものもあるので、ここでは書面提出をご説明します。

あとは画面の案内どおり【所得税の確定申告書作成コーナー】を進み、源泉徴収票を見ながら入力していきます。Q&Aや説明もしっかりしているので、初めてでも安心です。

スポンサーリンク

完成した確定申告書を印刷・保存する

住所・氏名・振込口座・マイナンバーなどの入力が終わったら、印刷する画面になります。【帳票表示・印刷】ボタンをクリックすると、PDFファイルがダウンロードされますので、必要ページ(最初はすべて)を印刷します。

次のページは、作成後の確認事項が書かれたページなので、作成自体はこれで終了となります。最後の画面にもありますが、【入力データを保存】ボタンで必ず保存するようにしましょう。

保存をしておくと、金額を修正したり、空白にしていた金融機関情報を後から入力したい場合などに、最初から入力し直すことなく修正や入力が可能となります。

印刷画面で保存する場合は、右下のボタン。

一番最後の画面でも、中央のボタンで保存できます。右下にある【終了】ボタンを押してしまうと、データがすべてクリアされてしまうので、ご注意ください。

Excelで作成した明細・印刷した時のPDFファイル・保存したデータファイルは、このように一つのフォルダにまとめておくと便利です。名前はわかりやすいものに変更して問題ないですよ。

提出方法を決める

確定申告書を提出する方法は大きく分けて2通りあります。

郵送で提出する

仕事などで税務署や確定申告会場に提出するのが難しい方は、郵便で提出も可能です。また、税務署の時間外収受箱へ投函する場合は切手を貼らずに済みます。

申告書を郵送又は信書便により税務署に送付する場合、通信日付印により表示された日を提出日とみなします(それ以外の場合には税務署に到達した日が提出日となります。)。

申告期限(平成29年3月15日(水))に間に合うようお早めに送付いただくとともに、送付により提出する場合には、必ず郵便又は信書便を利用されるようご留意願います。

引用:国税庁HP「確定申告期に多いお問合せQ&A」

確定申告の後に、助成金の申請などで領収書等が必要となる場合は、「医療費の領収書等の返戻を希望する」という内容の書面と切手、返信用封筒を同封する必要があります。

うっかり提出してしまわないよう、気を付けてくださいね。

税務署・確定申告会場へ持参する

私は、助成金の申請のために領収書を戻してもらいたかったため、税務署へ持参しました。その場で記録していた明細書と領収書やレシートを付け合せ(結構サラッと…)して、領収書はすべて戻してもらえました。

マイナンバー通知カード、免許証はその場の内容確認のみでした。また、念のため手元に源泉徴収票を残しておきたかったので「ここでコピー取って頂けますか?」とお願いすると、快くコピーを返してもらえました。

たまたま混んでいたので30分待ちましたが、実際に呼ばれたあとは10分程度で終了となりました。

確定申告で医療費控除を受けるには(作成・提出編)まとめ

初めて確定申告をするときは、「間違ったら大変なことになる…」「時間かかりそう…」などと心配でしたが、実際やってみると、1年間かけて準備をしていれば、申告書の作成から提出までは意外と簡単にできることがわかりました。

もっと追記した方が良い部分などを思いついたら、別記事に書こうと思います。

わかりにくい点や質問がありましたら、お気軽にメールフォームやコメント、ツイッターからご連絡ください。

 
ブログ更新や、不妊治療への励みになります!
応援クリックいただけたら嬉しいです(*^_^*)
 
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ 
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする