排卵検査薬を使用して排卵日を特定したい人にオススメな方法

スポンサーリンク

妊活を初めて、自分で排卵日を予想してタイミングをとりたい時に使用したいのが排卵検査薬です。薬局で購入するのが一般的でしたが、妊娠検査薬のように一度使って終わり!ではないので、結構な痛手ですよね・・・。

私がいつも購入しているショップと、薬局で購入する場合との違いをまとめました。

排卵検査薬の基本情報

排卵検査薬とは?

黄体形成ホルモン(LH)は普段から少量分泌していますが、卵子が成熟した頃、このLH分泌量が急激に増加し、その急上昇によって排卵がおきます。

排卵検査薬は、その排卵直前に起こるLH分泌の急上昇(LHサージ)を確認するものです。 一般的に、尿中のLH濃度の上昇が始まってから約36時間以内に排卵します。

排卵検査薬の陽性反応によってこのピーク時を知り排卵日を把握します。 排卵検査薬は、タイミング法で妊娠の確率を高めたい方、産み分けを挑戦したい方にオススメな方法です。

どこで購入できるの?

薬局で購入する方法

2009年の薬事法改正で、排卵日検査薬は「薬局医薬品」という位置付けに変わりました。それまでは「一般用医薬品」でしたので、ドラッグストアなどで手軽に購入できたのですが、改正後は処方箋を取り扱う調剤薬局や、処方箋の受付を行っているドラッグストアでのみ販売されています。

処方箋の必要はありませんが、購入者の手の届く場所には陳列されていないため、薬剤師に購入の意思を伝える必要があります。また、氏名や住所、電話番号などの記入を求められます。

ネット通販で購入する方法

薬事法改正では、医薬品のネット通販も禁止となりました。しかし、「輸入代行」という形で合法的にネット通販を行っている妊娠応援サイトや大手通販サイトは多数あります。そのため、ネット通販で外国製の排卵検査薬を購入することも可能です。

日本製の排卵検査薬と外国製の違いとは

薬局で購入する日本製の検査薬

日本製の排卵検査薬は、このようにプラスティックの棒状のものが一般的です。

尿を5秒前後かけて、平らな所に窓部分に結果が表示されます。キャップがついているので、検査部分に被せることで衛生面も安心です。

薬局によって取扱商品が異なります。
私の自宅近くの薬局にあった商品だと・・・
商品A 7本入3000円程度(1本あたり428円
商品B 7本入3900円程度(1本あたり557円

1本あたり500円前後というのが相場のようです。

ネット通販で購入する海外製の検査薬

海外製にも様々な種類がありますが、私のタイミング法を行っていたときに購入していたのは中国製のWondfoです。幅5㎜×長さ10㎝くらいの細い紙状のものです。
※近々購入するので、写真はお待ちください。

尿かけるのではなく浸す必要があるため、私は100円均一で大容量の紙コップを購入し、その中に5秒前後浸していました。また、キャップなどはないので、いらない厚紙に並べてテープで貼り付けて比較していました。

私がいつも購入しているショップですと・・・
排卵検査薬10本(1本おまけつき) 720円(1本あたり65円
排卵検査薬30本(3本おまけつき) 1,880円(1本あたり57円
排卵検査薬・妊娠検査薬専門通販SHOP/ベビー屋さん

日本製に比べて、とても安価です。この金額なら、1日2回や3回使用するときも、ためらいなく使うことができますね。

結局どっちで購入するのがいいの?

薬局で購入するメリットは、すぐに手に入るということです。ネット通販だと、外国から輸入するために届くまで2週間以上かかるショップも多数あります。そのため「すぐに使いたい!」という方は、薬局での購入がオススメです。

ネット通販で購入するメリットは、とにかく1本あたりの金額が安いということです。日本製の10分の1というものもあり、妊娠検査薬と違って排卵日前後の数日間、正確に見極めるには1日2回使用することもあるので、費用を抑えることができます。

また、もう1つのメリットは、プライバシーが守られることです。排卵検査薬を薬局で購入する時には、薬剤師さんなどに氏名や住所などの個人情報教えなければなりません。また、自宅近くや勤務先近くだと時間や人目が気になる人もいるでしょう。その点において、ネット通販であれば気にすることなく気軽に注文することができます。

以上により、日本製にこだわらないという方や質よりも量が必要だという方は、ネット通販での購入をオススメします。また、海外製ということで検査結果の精度を心配してしまうかもしれませんが、日本製と全く差はありません。また、使用方法や判定基準などが日本語で書かれた紙を入れてくれるショップも多いので、困ることもありません。

ずっと同じものを使用する必要はないので、日本製を使ってみて慣れてきたら安価の海外製を購入したり、海外製での反応がわかりにくかったらデジタル表示の商品を選んでみたりと、色々試すのも良いかもしれませんね。

排卵検査薬をネット購入する場合にオススメなショップ

私が排卵検査薬を使おうと思い始めたとき、「排卵検査薬 ネット 最安値」などで調べまわり、単価や送料なども考慮して、今でも購入しているのは、排卵検査薬・妊娠検査薬専門通販SHOP/ベビー屋さんというショップです。

日本全国送料無料で、クレジットカード決済や振込先口座も豊富、購入代金100円に応じて2%ポイントが溜まっていくので、次回購入するときに1ポイント=1円で使用することができます。

詳しい購入の流れやオススメポイントはコチラ★
⇒「排卵検査薬と妊娠検査薬をネットで安く購入する方法」

排卵検査薬や妊娠検査薬を使い続けるということはあまり喜ぶべきことではないかもしれませんが、少しでも負担が少ないのはありがたいですよね。

私は体外受精へステップアップ後は排卵検査薬を使用しなくなりましたが、フライング検査用の妊娠検査薬もこのショップで購入しています。上の記事を参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする